プログラムの特徴

  • HOME
  • 新プログラムの特徴

研修病院としての役割

尾張西部医療圏の中核病院として救急医療、先進医療、予防医療の充実に取り組み、安全で質の高い医療を患者さんに提供するとともに、医療人として広く社会に貢献できる人材を育成する。

1年目に内科研修6ヶ月、救急研修2ヶ月、選択必修研修3ヶ月、選択科目1ヶ月を研修します。2年目は、地域医療を1ヶ月、精神科を0.5ヶ月行ったあと、自由選択研修ができます。自由選択期間は11.5ヶ月と長いので、様々な診療科を組み合わせた研修が可能であり、さらに将来のキャリアにつながる診療科の研修をじっくり行うことも可能な、自由度の高いプログラムとなっています。

プログラム
研修プログラム 基本フレーム
11.5ヶ月の選択研修期間に将来のキャリアに繋がる診療科研修も可能なプログラム構成

※選択科目では、愛知医科大学病院または名古屋市立大学病院での2ヶ月の研修の選択も可能です。

内科研修

6つの内科系診療科(総合内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、内分泌・糖尿病内科、神経内科)の中から原則3つを選択し、それぞれをローテーションして学びます。

救急研修

1年目に総合大雄会病院で行う救命救急センター研修2ヶ月を含め、2年の研修期間を通じて救急外来における救急医療研修を計3ヶ月以上行います。

選択必修

外科・産婦人科・小児科・麻酔科から2科目以上を選択し研修します。

精神科研修

協力型病院において精神疾患について学びます。

地域医療研修

大雄会クリニックおよび一宮市医師会診療所における外来診療を通じ、地域医療の実態を学びます。

選択科目

自由選択期間に将来のキャリアにつながる診療科がじっくり研修できます。 1科目あたりの履修期間は1ヶ月~11.5ヶ月です。
愛知医科大学病院または名古屋市立大学病院で2ヶ月の研修も選択可能です。

めざす医師像に照準を合わせ、最適なプログラムを組もう!

  • プログラム例
  • プログラム例
  • プログラム例
  • プログラム例
  • プログラム例
  • 資料請求・お問い合わせ
  • メールアドレス