後期臨床研修医プログラム

  • HOME
  • 後期臨床研修医プログラム
  • 整形外科プログラム

整形外科の特徴

  • 豊富な症例と手術件数
  • 専門医の資格がとれる
  • 学閥にとらわれない

詳しくは医師募集ページへ

整形外科プログラム

診療科概要

社会の高齢化に伴い変性疾患が急増し、更にはスポーツに起因する障害・外傷や交通外傷も後を絶ちません。当科は人工関節センターも有し、変性疾患、脊椎疾患だけでなく救命救急センターと連携し外傷も含め幅広い分野の治療に携わっており、豊富な症例を経験でき早期より多くの手術経験を得ることが可能です。整形外科常勤医師6名のうち、3名が整形外科学会専門医で、学閥にとらわれない雰囲気の中、最新の治療や専門的な技術を習得していただけます。

募集人員 特に定めなし
研修期間 4年間
研修目標

整形外科は、運動器全般を扱う専門診療科として、関節外科、脊椎外科、スポーツ整形外科、手の外科、骨・軟部腫瘍、小児整形外科、外傷一般、運動器リハビリテーションなどその専門分野は多岐にわたるが、当院の整形外科は特に股関節・膝関節外科、脊椎外科、外傷整形外科を中心とした整形外科診療を担当している。本プログラムにおいては当科の特性を活かし、整形外科疾患に精通することを目標に掲げ、臨床経験を重ねることで整形外科全般の知識・診断・治療能力を深める。整形外科専門医の取得を最終的な長期目標とし、専門医申請に必要な幅広い症例数を経験した後、更により専門的な分野の臨床経験を積み、診断・治療技術の習得を目指す。

研修項目

後期研修は4年間で、日本整形外科学会の教育プログラムに準じて研修を行います。 (4年間の研修期間中に専門医習得に必要な症例を経験し、学会発表と臨床論文の作成も行います)


1年目:
  • 入院患者を積極的に担当し、主治医の指導のもと診断・検査・手技を学びます。
  • 整形外来を週1回行い、外来診療の基本を学びます。
  • 救急医療を中心に主治医の指導のもと救急処置・手術を学びます。
【目標】
  • 一般外傷の手術計画・経験
  • 基本診察法、基本検査、画像診断、診療録記載などの習熟
  • 入院患者リハビリテーション、患者の術前術後管理などの研修
  • 四肢関節・体幹部などの機能解剖と運動器疾患の病態の理解
  • 救急処置(骨折、脱臼整復、開放骨折手術)
2年目:
  • 一般外傷の習熟:手術の説明・退院まで主治医として担当します。
  • 緊急手術・小児外傷などの手術を学びます。
  • 緊急疾患及び一般的な慢性疾患に対し、主治医の指導のもと手術などを経験します。
【目標】
  • 一般的な整形外科疾患の診断と診療計画の確立
  • 緊急対応・小児外傷の対応
  • 骨折手術、神経・腱の手術、鏡視下手術の基本操作の経験
3年目:
  • 一般的な慢性疾患に対し、主治医の指導のもと手術などを実施する。
【目標】
  • 整形外科疾患(特に慢性疾患)の正確な診断と診療計画の確立
  • 患者の主訴、希望に対しての適切な対処
  • 鏡視下手術の基本的手技
4年目:

主治医の指導のもと、慢性疾患の手術を行います。

  • 希望する整形外科専門分野・関連分野(関節外科・脊椎外科・外傷整形外科等)を さらに深く学んでいきます。
【目標】
  • 整形外科疾患の正確な診断と診療計画の確立
  • 特殊病態に対する理解と対処
  • 専門分野での研修

1週間の予定
毎週月~金 朝 症例カンファ

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
リハカンファレンス 抄読会
病棟カンファレンス
    総回診

希望があれば他院での研修も可能
・大阪府立泉州救命救急センター
 多発外傷、高エネルギー外傷、救急の研修など。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • メールアドレス