後期臨床研修医プログラム

  • HOME
  • 後期臨床研修医プログラム
  • 血液内科プログラム

血液内科プログラム

一般研修目標
(GIO)

血液内科医として、必要な血液疾患についての知識の修得とともに基本的な診療手技を身につけ、血液内科専門医を取得することを目標とする。また、造血器以外の腫瘍に対する化学療法および臨床腫瘍学の基礎を研修する。

具体的研修目標
(SBOs)

1. 血液疾患の理解
  ・白血球増加症および減少症を理解し、鑑別診断ができる。
  ・二次性貧血をふくむ各種の貧血を概説でき、鑑別診断ができる。
  ・止血凝固機能異常を概説でき、鑑別診断ができる。
  ・造血器腫瘍の分子生物学的な診断、評価ができる。

2. 以下の検査法を実施でき、主要な所見を指摘できる。

  ・末梢血液検査の血液像が評価できる。
  ・骨髄穿刺および骨髄生検を実施でき、結果の評価ができる。
  ・血液型を理解し、交差適合試験の実施、評価ができる。
  ・髄液検査を実施でき、検査結果を評価できる。

3. 治療
  ・抗腫瘍薬の薬理、投与法、副作用について述べることができる。
  ・造血器腫瘍を中心とした抗腫瘍療法を支持療法含め実施できる。
  ・各種輸血製剤の適応、投与方法、その副作用などについて理解し、施行できる。
  ・抗癌剤の髄注ができる。
  ・末梢血幹細胞採取ができる。
  ・自己末梢血幹細胞移植の適応を理解し、実施できる。
  ・腫瘍以外の血液疾患の概略を理解し、治療実施できる。
  ・DICはじめ、凝固異常のメカニズムを理解し、検査・治療ができる。

方略(LS)

・入院患者の主治医として担当する(5-10人ほど)。
・毎日朝のカンファレンスにて、病棟看護師、薬剤師、理学療法士らと情報を共有し治療方針の確認をする。
・外来にて、入院時の担当患者を引き続き担当するとともに、新規患者も担当する。
・血液・腫瘍内科関連学会・研修会に積極的に参加し、最先端の医療を学習する。
・学会や研究会で、症例報告を行い、論文化をめざす。
・内科認定医、血液専門医の取得。

評価(EV) ・日本血液学会 血液専門医研修カリキュラムを基本に、評価を行う。
研修期間 原則1-3年。延長も可能。

後期研修医週間予定例

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 病棟カンファ
外来
病棟カンファ
病棟業務
外来
病棟業務
病棟カンファ
外来化学療法
病棟カンファ
外来化学療法
午後 病棟業務 病棟業務 外来
病棟業務
全体回診
血液像カンファ
病棟業務
夕方 血液・腫瘍
カンファ(月1回)
抄読会

他施設との連携、特徴など

・愛知医大血液内科より外来病棟に非常勤医師の派遣いただき診療をおこなっている。
・近隣の一宮市民病院、江南厚生病院、小牧市民病院と定期的な研究会等で情報交換・共有を行っている。
・同種造血幹細胞移植の適応となる場合は、江南厚生病院を中心に名古屋第一赤十字病院、愛知医科大学などに紹介して いる。
・診断、治療方針に迷う場合は、愛知医科大学血液内科、輸血部、三重大学の血液腫瘍内科などに適時相談し、診療を行っている。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • メールアドレス