後期臨床研修医プログラム

  • HOME
  • 後期臨床研修医プログラム
  • 形成外科プログラム

形成外科プログラム

診療科概要 スタッフ:2名

特徴
1.形成外科の対象疾患として外傷、先天異常、腫瘍、美容と大別される。
  具体的には熱傷、顔面骨骨折、手・足の外傷、瘢痕、ケロイド、褥瘡、難治性潰瘍、臍ヘルニア・耳介変形・多合指症等の体表面の先天奇形、母斑、血管腫、皮膚腫瘍、眼瞼下垂、美容外科などである。
  治療法の特徴として、人体を3次元的に理解し、美容的に構築する能力を要求される。
2.創傷ケアセンターを併設している。
  外傷・熱傷・褥瘡には湿潤療法を行っているため、保存的治療のみで大部分がきれいに治り、手術適応症例も整容的見地が大切にされる。
  糖尿病・末梢動脈疾患等、創傷治癒条件が不良な方は、創傷ケアカンファレンス等で検討し、チームで治療戦略をたて、加療にあたっている。
募集人員

若干名

研修期間

3年間

研修目標

体の器官のデッサンや、写真撮影を積極的に行うことで、人体の形態を3次元的に理解する。
医療面接、身体診察を通じて治療の必要性、適切な治療時期の判断ができる。これは特に美容的な訴えが中心の症例では、治療適応の境界判断が難しいからである。
医学知識を身につけるとともに医療人として、一人の人間としてバランスのとれた判断ができる。

研修項目

医療面接、身体診察をトレーニングし、治療の必要性、適切な治療時期の判断のうえ、適切な治療法を説明、実践する。
具体的には、
新鮮創(熱傷、挫創)の診断、病態理解と処置・修復と予後の予測。
難治性潰瘍の診断、病態理解と処置・修復。
先天異常の診断、適切な治療時期の判断。
軟膏、創傷被覆材等の外用療法の選択。
各種手術器具の取扱い。縫合材料とその選択。
外来小手術(皮膚剥削術、レーザー治療を含む)。
形成外科的皮切、縫合法の理解と実践。
遊離組織移植(皮膚移植を中心に)。
有茎組織移植(局所皮弁を中心に)。
瘢痕形成術(w-形成、z-形成)の理解と実践。
術後の安静固定法。
1年目、2年目、3年目の年次が進むごとに、上記各項目のレベルアップを計る。

1週間の予定

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
外来診察
創傷ケア
センター
病棟回診

(褥瘡回診含)
手術AM
 
手術PM
 
カンファレンス
形成外科
     
創傷ケア
 
  • 資料請求・お問い合わせ
  • メールアドレス